boaterはユーザーの本音で作った法人向けITサービス活用ガイド

中途採用向け採用管理システムの比較

目次

導入目的

中途採用向けにシステムを導入する場合は、次の3つを目的とすることが多いようです。

中途向け採用管理システムの比較:目的の確認

目的①:業務効率化(調整業務の時間を削減する)

何社もの人材紹介会社に紹介依頼をしたり、外部採用媒体を複数利用したりしている場合は、求人情報の伝達や応募者情報のやりとりなど「募集管理」のための作業は多くあると思います。

また、選考に入ると、応募者と面接官の時間調整、面談時の履歴書等共有や面談後の評価内容管理など「選考管理」も手間がかかる作業です。

そこで、これら募集管理と選考管理を効率化するために採用管理システムを利用します。

目的②:進捗状況の共有と効果検証

採用計画が順調かは人事のみならず経営層も気になります。「現在どの職種に何人の候補者がおり、選考がどこまで進んでいるか」の把握は定期的に行いところです。

また、よい人材獲得の加速に向けて、「どの流入経路が最も内定につながるか?」や「どの面接官が担当すると内定承諾につながるか?」などの効果検証にも採用管理システムが用いられています。

目的③:自社の採用募集ページを人事が更新する

自社の公式サイト上の採用募集ページは、頻繁に更新すべきコンテンツです。ただし、自社サイトはIT部門や広報・マーケティング部門などが所管していることが多く、更新したい場合は、所管部門にコンテンツ更新の作業依頼をしなければならず、どうしても更新が遅れますし、依頼作業自体も手間になってしまいます。それを避けるため、採用管理システム上で採用募集情報を閲覧できるようにし、人事が募集情報などを更新・公開できるようにしています。

 

効果はあるのか?

目的①:業務効率化(調整業務の時間を削減する)

「募集管理や選考管理の業務が効率化された」「これまでアウトソーシング先を用いていたが、自分と派遣スタッフ1名でもまわせるようになった」と効果を実感する声は多く聞かれました。

一方で、「手作業が残ってしまい、楽になったものの、大幅な効率化にはなっていない」という声も散見されました。例えば、人材募集において、人材紹介会社、採用媒体やダイレクトリクルーティングを組み合わせて行っている場合は、システムが全てに対応していることは少なく(例えば、ビズリーチやWantedlyは非対応が多い)、手動で情報を入力する等の作業が発生してしまうとのこと。

また、選考管理においても、「システム経由で面談依頼を面接官に出したけど、確認の返事をくれない。電話やメールで催促する必要がある」というケースが散見され、依然として手間が残っているようです。

ただし、「面談設定の際、面接官のカレンダーをみて空いていれば勝手にいれてよいことになっている」と社内でルール化されている場合は、「社内のグーグルカレンダーと面談設定のシステムが連携しており、入力すれば両者に反映されるので便利」という声も聞かれました。

目的②:進捗状況の共有と効果検証

採用人数が多く、様々な職種を募集している企業においては、「採用の進捗状況の把握は必要で助かっている」という声が多く聞かれました。選考プロセスごとに進捗状況を図で示すシステムも多く、便利とのこと。

一方で、中小企業など採用規模がそれほど多くない場合は、「人事の頭の中で把握できている。あらためて見るほどではない」と機能不要論も聞かれました。ただし、「経営層が進捗を見たがるので、月に何度か状況を見せている」という上層部向けの対応で使うケースも見られました。

効果検証については重視している企業が多数ありましたが、「分析したいことが画面上でできない。CSVでダウンロードしてからエクセルで加工している。加工の手間がかかっているのでなんとかしたい」という声を多数聞きました。実績多数のシステムでも期待した効果は得られていないようです。

目的③:自社の採用募集ページを人事が更新する

「プログラミング言語習得なしにエディタ等を使って作成できるので便利」、「自社公式サイトから採用募集ページに遷移してきても、違和感ないくらいの見た目の品質で作成できている」と効果に満足する声が多く聞かれました。

ただし、「採用募集ページでは見た目も大事。最近のおしゃれなサイトのように表現方法の洗練さやテンプレートの拡充はもっと求めたい」という声も聞かれました。

事例からの比較のポイント

目的①:業務効率化(調整業務の時間を削減する)

募集管理は採用方式との相性
人材紹介会社への求人情報の公開や応募の受付は、採用管理システムのIDを人材紹介会社に渡せば、人材紹介会社側が求人情報の確認や募集登録を行うので、手間が軽減されます。採用媒体で募集する場合も、採用管理システムと媒体が自動連係に対応している場合は、自動的に応募情報などが入力されるので効率化されます。

ただし、採用媒体との自動連携に対応していないケースも多いようです。
例えば、人材紹介会社以外に、採用媒体としてWantedly、エンジニア向けサイトGreen、ビズリーチやキャリアトレック等を利用している場合は、IDを渡す方式やシステム自動連係だけでは対応できません。特にエンジニアが多い会社ではGreenやビズリーチ等の方が多く採用しているというケースもありますので、その場合は人材紹介会社の所だけ効率化しても大きな効率化にはつながりません。

人材紹介会社メインで、採用媒体を使うにしてもリクナビNEXTやマイナビ転職などくらい、というケースでは大きな効率化が見込まれるようです。

選考管理は社内コミュニケーション方法との相性と選考フローの柔軟性
書類選考依頼や面接官との面談日程調整の際、Googleカレンダーが社内標準であればシステム連携しているものが多く、日程設定とカレンダー調整が一気にできるので手間が省けます。

ただし、人事側で面接官の日程を抑えてしまってよいというケースではなく、面接官の確認が必要で社内の連絡手段がSlackなどチャットツールがメインの場合は、面接依頼がシステムからメールで飛ぶけど面接官が頻繁にみるのはSlackなのですぐに返事が来ない、そうならないようにシステムでの面接登録とともに、Slack等でも手入力で伝達しているというケースもあり、手間が残ってしまっています。

面接官の日程は自由に調整してよい、もしくは面接官はメールも確認しておりレスポンスが早いというケースの方が効果を発揮するようです。

目的②:進捗状況の共有と効果検証

分析の軸の設定の自由度
システムの有用度は見たい分析が画面上で設定できるかどうかによります。「CSVで出力して自分で加工する」というケースが多く見られたので、想定している分析が実現できるかの確認が必要になります。

「複雑な分析はシステムに求めておらず、CSVで出力でればよい」という意見もみられますので、その場合はCSVで必要データを出力できればよい、という判断になるでしょう。

目的③:自社の採用募集ページを人事が更新する

ページの表現力
候補者に自社の魅力を感じてもらうためには、見た目や印象は大事。そのためには、画像の使い方も含めて魅力的に思わせる工夫ができるか、それらが簡単に作成できるようテンプレートがふんだんに用意されているかの観点も重要です。

 応募情報の保有方法
「個人情報保護の観点から、できるだけ自社サーバに情報を持ちたくないので、クラウドサービスを用いて社外でデータを保有するかたちにした」というケースもありました。そのため、クラウド上で応募情報を受け取り、そのまま保持できるのか、という観点も必要になります。

 

これらのポイントを踏まえて、ユーザーは何を重視してどの採用管理システムを選んだのかをご紹介します。
より具体的な事例は、「採用管理システムは役立つのか?」でもご紹介しています。

 

  • 情報通信業(従業員500~1,000名)は「EHR採用」を利用。
    業務効率化を重視
    「人材紹介会社との連絡や、候補者や面談者との調整が一気に楽になり、効果が期待通り。」
  • 情報通信業(従業員100名未満)は「リクログ(Reclog)」を利用。
    業務効率化を重視
    「人材紹介会社とのやり取りは軽減されたが、半分を占めるダイレクトリクルーティングの効率化は進まず。」
  •  小売業(従業員10,000名以上)は「ジョブスイート」を利用。
    業務効率化と効果検証を重視
    「業務効率化は進んだが、当初期待した効果検証はシステム外で行う状況。」
  • 広告代理店(従業員1,000名未満)は「HRMOS」を利用。
    業務効率化を重視
    「人材紹介会社とのやり取りが削減、選考フローにも柔軟に対応できている。」
  • 情報通信業(従業員100名未満)は「Talentio」を利用。
    進捗状況の共有と効果検証を重視
    「作業効率化に使うほどの採用規模ではないので、進捗状況の共有に役立てている。」
  • 飲食業(従業員100名未満)は「ジョブカン採用」を利用。
    業務効率化を重視
    「求人サイトと連携し、システム上で作業が完結し便利。」

 

サービスの詳細を知る

  • サービス紹介

    EHR採用

    EHR採用は中途採用・新卒採用向けの採用管理システムです。利用者からは「かゆい所に手が届く」と定評。

    詳細を見る

  • サービス紹介

    リクログ(Reclog)

    リクログ(Reclog)は選考管理等の基本機能が充実した中途採用向け採用管理システムです。

    詳細を見る

  • サービス紹介

    ジョブスイート

    ジョブスイートは、大規模採用にも適した中途採用向け採用管理システムです。

    詳細を見る

  • サービス紹介

    HRMOS(ハーモス)

    HRMOS(ハーモス)は、分析機能や操作性が好評の主に中途用向けの採用管理システムです。

    詳細を見る

  • サービス紹介

    Talentio(タレンティオ)

    Talentio(タレンティオ)は主に中途採用向けの採用管理システムです。歴史は浅いものの、機能拡充が早く人事の注目を集めています。

    詳細を見る

  • サービス紹介

    ジョブカン採用管理

    ジョブカン採用管理は、中途・新卒採用向け採用管理システムです。中小・ベンチャーの利用実績豊富。

    詳細を見る