boaterはユーザーの本音で作った法人向けITサービス活用ガイド

  • TOP
  • SAP SuccssFactors

SAP SuccssFactors

サービス紹介

SAP SuccssFactorsは、機能の幅広さとグローバル対応力に強みを持つタレントマネジメントシステムです。

目次

サービス提供会社

2001年にアメリカで創業されたSuccessFactorsをドイツのSAP社が買収し、現在はSAP SuccessFactorsとして提供されている。SAP社は世界有数規模のソフトウェア会社。

システムの特徴

  • 人事情報の一元管理、様々な評価手法に対応する人事評価管理、人材抜てきや異動シミュレーションなど機能範囲が広い。
  • 複数言語対応やサポート体制など海外でも利用する場合に向いている。

ユーザーの声

社内情報の一元化

欧米の人事制度がベースなので、日本の制度対応のカスタマイズは発生。

  • 「日本企業にあった使い方への調整は必要。例えば、人事評価では、マネージャーや部長などが多段階で評価するのでSuccessFactorsの設定変更を行った。海外企業だと多段階評価でなく、直属上司の一回の評価で終わるケースが多く、標準設定はそれに合わせているので変更する必要があった。」
  • 「研修の受講履歴管理に活用している。研修を受講すべき人のリスト化や受講後の記録に役立てている。ただし、研修記録管理の機能は別システムを統合して追加したためなのか、データ項目名が研修記録管理以外とは異なるので、データ登録時などに読み替える手間などが発生している。」

人材抜てきや異動時シミュレーション

  • 「後継者計画(人材抜てき)でこの人をここに動かしたらどうなるのか、などを何パターンも検討することが多いが、試したことが履歴として残せないため、仕方なしにホワイトボードに手書きで記録しておくなど、機能が手厚いは言えない。」

その他

操作性に難。サポート体制は評価。

  • 「操作画面は使いやすいとは言えない。例えば、日本語のフォントに適したレイアウトでないので見にくい。」
  • 「PC画面上での確認は工夫されていても、紙媒体への印刷には向いていないことが多く、例えば人事考課シートの印刷などがやりにくい。」
  • 「海外拠点がアメリカや中国などの主要地域以外にも多数存在するので、主要地以外のサポート体制も重視した。SAPだけあってサポートのカバー範囲が強いのは強みと感じた。」

価格

初期費用
基本料金(/月)
年間費用(基本料金のみ)

 

※各サービスの営業担当者から詳しい説明をしていただけるように、boaterが手配いたします。