boaterはユーザーの本音で作った法人向けITサービス活用ガイド

  • TOP
  • キングオブタイム(KING OF TIME)

キングオブタイム(KING OF TIME)

サービス紹介

キングオブタイム(KING OF TIME)は機能面・サポート面ともに充実した勤怠管理システムです。

目次

サービス提供会社

株式会社ヒューマンテクノロジーズは主にアプリケーションや認証システムを開発・提供しており、キングオブタイム(KING OF TIME)は2004年から提供を開始した主力サービスの一つです。

システムの特徴

  • 詳細に設定できるようになっており、必要な機能は十分備わっている。
  • システムの使い勝手やサポート面も優れている。

 

同社のサービス紹介サイトによると以下が強みとのこと。

  • サポート体制。
    カスタマーサポートの専門部署があり、運用への落とし込み支援などを実施。
  • 他システムとの連携性
    給与計算のMFクラウドやfreee、入退室管理のスマートロックAkerunなどと連携。
  • 計算・集計業務の自動化
    勤怠実績の自動集計、給与ソフトへの集計結果の直接送信、勤務データの電子保管などで業務を効率化。

ユーザーの声

機能面

必要な機能は網羅。人事の現場をわかっているサービス

  • 「勤怠管理の老舗だけあって、様々な就業規則に対応できるだけの詳細な設定機能がある。有休の自動付与や振替申請など手間を省く工夫がされている。人事の現場をわかっているサービスだと感じる。」
  • 「土日出勤時の割増賃金の計算など、給与計算を効率的にこなすための機能も備わっている。」

使い勝手やサポート面

操作性やサポート面でも充実

  • 「詳細な設定機能がある分、初期の設定作業は手間を要する。それさえクリアすれば、あとの運用は問題ない。」
  • 「初期設定時はサポートに質問をたくさん行ったが、すべて迅速で丁寧な対応であった。サポートは充実していると感じた。」
  • 「最近UIが刷新されて使いやすくなった。老舗だとUI/UXの面で「昔のもの」と感じてしまうシステムもある中、キングオブタイムは「最近のもの」と思える使い勝手の良い画面になっている。」
  • 「導入時に従業員向けマニュアルをいただいた。そのマニュアルを自社用にカスタマイズして社員に配布することで、システム利用に関する社員の問い合わせを減らすことができた。」

価格

初期費用
基本料金(/月) 30,000円
年間費用(基本料金) 360,000円

上記は100ユーザーの場合。1ユーザーあたり300円です。

 

※各サービスの営業担当者から詳しい説明をしていただけるように、boaterが手配いたします。