boaterはユーザーの本音で作った法人向けITサービス活用ガイド

  • TOP
  • チームスピリット(TeamSpirit)

チームスピリット(TeamSpirit)

サービス紹介

チームスピリット(TeamSpirit)は経費精算・工数管理・電子稟議等と一体となった勤怠管理システムです。

目次

サービス提供会社

クラウドサービスを提供する株式会社チームスピリットは、社名の通りTeamSpiritが主力サービスです。勤怠管理や経費精算等のTeamSpiritに加え、人事情報管理のTeamSpirit HRやプロジェクト管理・シフト管理のTeamSpirit Leaders等のサービスを展開しています。

システムの特徴

  • 多くの就業規則に対応できる充実した機能。
  • システムの使い勝手の良さ。

 

同社のサービス紹介サイトによると以下が強みとのこと。

  • スマホ、PCやICカードなどでの出退勤打刻。
  • 出退勤時間のグラフ化による残業時間の見える化。
  • 就業規則や労働基準法に基づく休暇残日数や有給休暇の自動計算。
  • 36協定に基づいたアラートの自動生成。
  • 働きすぎ社員のアラート検出(勤務時間ばかりだと検知)。

ユーザーの声

機能面

  • 「出退勤記録、残業時間管理や申請承認等やりたいことがカバーできた。」
  • 「勤怠管理や給与計算などにかかる作業は、導入前の想定通りに効率化できている。」
  • 「操作性が優れていて、はじめてでも直感的にすぐに使える。操作方法をわざわざ覚える必要がないほど簡単。」
  • 「短期間で導入できたのも決め手の一つ。他社では数か月かかるところもあったが、チームスピリットは2カ月以内に導入することができた。」

価格面

  • 「経費精算やワークフロー等の機能とセットの価格でしか購入できないので、その分金額が高くなってしまう。」
  • (チームスピリットを評価しつつも購入しなかった顧客は)「優れているサービスだが、欲しいのは勤怠管理だけであったので、それだと割高に感じてしまった。」

価格

初期費用 150,000円
基本料金(/月) 30,000円
年間費用(初期+基本料金) 510,000円

上記はユーザー数50名の場合。
勤怠管理に加え、工数管理、経費精算、電子稟議等の機能も含む。

※各サービスの営業担当者から詳しい説明をしていただけるように、boaterが手配いたします。