• トップ
  • 特集記事
  • 法人向けビジネスローンおすすめ12選!即日、大口融資対応可なものは?
法人向けビジネスローンおすすめ12選!即日、大口融資対応可なものは?

法人向けビジネスローンおすすめ12選!即日、大口融資対応可なものは?

最終更新⽇:2023-12-05

「事業資金を調達したいが、銀行融資が受けられない」などの理由でビジネスローンを検討している個人事業主や法人経営者へ。ここでは、即日融資や大口融資にも対応したおすすめの法人向けビジネスローンを紹介します。

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、事業資金の融資に目的を絞ったローン商品で、「事業者ローン」「事業性融資」とも呼ばれています。ビジネスローンは、個人利用のカードローンやキャッシングとどう違うのかという観点から、その特徴と金利相場について解説していきます。

ビジネスローンの特徴

カードローン・キャッシングなど個人で利用するローンに対して、ビジネスローンは法人や個人事業主など事業者向けのローンです。ビジネスローンで得た資金は、新規事業立ち上げや設備投資、運転資金、取引先への支払いなど、事業に関わる資金に使われます。

貸金業法では、過度な借り入れから消費者を保護する目的で「貸金業者は年収の3分の1を超える貸付を行ってはいけない」というルール・総量規制が設けられていますが、ビジネスローンは、その対象外になっているのも特徴です。

ビジネスローンの金利相場

ビジネスローンの金利は各商品によって異なりますが、ノンバンク系は年10~18%、銀行系は年5~15%が相場です。いずれも公的融資や金融機関から受ける一般的な融資に比べると高くなっています。

公的融資と代表的なビジネスローン商品(銀行系とノンバンク系)の金利は以下の通りです。

公的融資 日本政策金融公庫 年2%~3%程度
ビジネスローン(銀行系) PayPay銀行 年1.8%~13.8%
GMOあおぞらネット銀行 年0.9%~14.0%
りそな銀行 年3.0%~14.0%
ビジネスローン(ノンバンク系) アクト・ウィル 年7.5%~15.0%
ニチデン 年4.8%~17.52%
オージェイ 年10.0%~18.0%

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンは、主に以下の4つのメリットがあります。

  • 無担保・無保証でも借りられる
  • 審査がそれほど厳しくない
  • スピーディーに融資を受けられる
  • 使い道を限定しなくても良い

無担保・無保証でも借りられる

ビジネスローンで事業資金の調達をする場合、原則無担保・無保証で融資を受けられます。連帯保証人や担保が必要な銀行などの融資に比べると借り入れしやすいのがメリットです。

中小企業や個人事業主で、担保になるものを保有していなかったり、保証人がいなかったりする場合はビジネスローンによる借り入れが適しています。

審査がそれほど厳しくない

ビジネスローンは審査基準がそれほど厳しくありません。銀行融資の場合、業歴が浅かったり、赤字を出していたりすると新規の融資を受けることが難しくなります。

一方、ビジネスローンの審査は多くの場合、事業計画書や決算書の提出は不要です。また、赤字でも融資を受けられることがあるので、銀行で融資を断られた企業も借り入れできる可能性があります。

スピーディーに融資を受けられる

ビジネスローンは審査から融資までに要する時間が短く、素早く資金調達できるのが強みです。銀行融資の場合、提出書類が精査された上で融資の可否が判断されるため、審査手続きに1カ月前後かかることも少なくありません。

ビジネスローンなら、おおむね3~5営業日、ノンバンク系なら即日融資が可能なところもあるため、ビジネスチャンスを逃さずに済みます。

使い道を限定しなくても良い

事業用途が柔軟に決められるのもビジネスローンのメリット。用途を限定して借りる銀行融資に比較して、幅広い用途で自由に利用できます。

たとえば、従業員への給与支払いや原材料調達、取引先への支払いやつなぎ資金としても使用可能です。企業や借入金額にもよりますが、厳密な用途を明かす必要がないため、用意に手間のかかる事業計画書なども必要ありません。

ビジネスローンのデメリット

一方で、ビジネスローンには以下のようなデメリットもあります。

  • 公的融資に比べると金利が高い
  • 利用限度額が低め
  • 代表者が連帯保証人となる必要がある
  • 何らかの囲い込み条件がある

公的融資に比べると金利が高い

一般的な公的融資と比べて様々なメリットがある分、金利が高く設定されています。

たとえば、日本政策金融公庫による中小企業への貸付利率基準は、1.2%~2.0%であるのに対し、ビジネスローンでは最高金利が10%~18%です。つなぎ資金として短期で借り入れる場合はよいかもしれませんが、返済期間が長くなる場合はそれだけ利息が膨らむ恐れがあります。

利用限度額が低め

ビジネスローンは無担保・無保証が基本である分、貸し倒れリスクが高いのが特徴。そのため、利用限度額が低めに設定されている場合が多く、多額の融資を必要としているケースではデメリットになります。

中には億単位の大口融資に対応しているものもありますが、多くの場合1,000万~1,500万円が限度額です。無担保・無保証人の場合は日本政策金融公庫の利用限度額が4,800万円であるのに比べると、かなり低いことがわかります。

代表者が連帯保証人となる必要がある

ビジネスローンは基本無保証ですが、これは「第三者の連帯保証人が不要」という意味です。

会社が倒産や経営破たんに陥った場合、代表者が債務を負担するため、法人利用の場合は実質ビジネスローンを契約する代表者本人が連帯保証人になります。また、「金利が低い」「利用限度額が高い」など比較的好条件で契約できる事業者ローンでは、信用保証協会の保証が必要となる場合もあります。

何らかの囲い込み条件がある

借り入れ先に応じて融資に何らかの条件が付く場合があります。銀行系ビジネスローンであれば、提供元の銀行口座の用意が必須、などです。

たとえば、「楽天スーパービジネスローン」の場合は楽天グループの加盟店となる(楽天市場へ出店を行う)ことが必要です。「PayPay銀行」のビジネスローンであれば、返済にPayPay銀行の利用が必要となります。

ビジネスローンのタイプと選び方

ビジネスローンは、各々の特徴や強みによって主に3タイプに分類できます。タイプごとにそれぞれどのような特徴があるのかポイントを押さえ、現状にあった商品を選ぶことが重要です。

  • 即日融資に対応したタイプ
  • 融資枠を設定できるタイプ
  • 大口融資にも対応したタイプ

即日融資に対応したタイプ

ビジネスローンは、銀行融資に比べて審査スピードが速く、素早い資金調達が可能です。書類のやり取りや来店が必要になる場合、通常は早くても3~5営業日程度時間がかかりますが、即日融資が可能なタイプもあります。

即日融資の場合「今日中に支払いが必要」「先延ばしにすると信頼を失ってしまう」など、今すぐ資金を調達したい場合に有用です。

融資枠を設定できるタイプ

ビジネスローンは通常、借り入れのたびに審査を受ける必要がありますが、「当座貸越」など融資限度枠を設定してその範囲内で何度でも自由に借りられるタイプもあります。

実際に借り入れた金額にのみ金利が発生し、融資枠の設定だけであれば費用はかかりません。すぐ必要なわけではないが、いざという時にすぐ資金調達できるようにしておきたいという場合におすすめです。

大口融資にも対応したタイプ

ビジネスローンは基本的に少額融資・短期返済の商品ですが、1,000万~1億円の大口融資に対応したタイプもあります。

業歴が浅い、赤字決算があるなどの理由で銀行の融資を使えないが、事業拡大のためにまとまった資金調達を検討している場合にはおすすめです。

ビジネスローンの比較ポイント

どのタイプのビジネスローンを選べばいいのか。ある程度絞り込むことができたら、次は商品ごとの内容を精査していきましょう。具体的には、「申込条件を満たしているか」「煩雑な手続きはないか」「無理のない返済プランを立てられそうか」などがポイントとなってきます。

申込条件はクリアできそうか

ビジネスローンによって、融資に様々な条件を設けている場合があります。条件は様々で「創業歴」や「黒字決算歴」、場合によって「代表者の年齢」「所在地」などを問われる場合もあります。

具体的には、「PayPay銀行」のビジネスローンの場合、「業歴2年以上、または2期決算終了」、「代表者の年齢が満20歳以上満69歳以下」が条件。金融機関系の場合、「口座を用意すること」「メインバンクとして利用すること」などを条件にしている場合もあるので注意です。たとえば、「楽天スーパービジネスローン」を利用するには、楽天市場への出店が必要となります。

手続きは面倒ではないか

ビジネスローンの種類や借入金額によって、必要な書類は変わってきます。本人確認書類(免許書・保険証など)、登記事項証明書だけで済むのか、それとも決算書まで用意しないといけないのかなど、事前によく確認しておきましょう。

たとえば、AGビジネスサポートの「事業者向けビジネスローン」では、法人の場合は代表者の本人確認書類のほかに決算書一式(直近2期分)が必要です。また、個人事業主の場合は本人確認書類のほかに、確定申告書と指定の事業内容確認書を準備する必要があります。

返済期間は十分か

ビジネスローンの返済期間は一般的に1~5年程度で、銀行融資に比べると短いです。中には10年以上の返済期間を設けているところもあるので、無理なく返済できるものを選ぶようにしましょう。

たとえば、ノンバンク系のビジネスローンは、他社の商品と比較してもかなり長く、ゆとりをもった返済が可能。具体的には、返済期間が最長10年の「キャレント スーパーローン」や、最長20年のニチデンの「事業者ローン」などが挙げられます。

主なビジネスローン(即日融資に対応)

キャレント スーパーローン(株式会社IPGファイナンシャルソリューションズ)

キャレント スーパーローン公式Webサイト

(出所:キャレント スーパーローン公式Webサイト)

10,000円の小口融資から最大500万円まで、保証人・担保不要で借り入れが可能。資金の使用用途も事業性資金であれば自由。Web申し込みは24時間365日OKで来店不要。平日14時までに手続きが完了すれば当日中に事業資金を融資してもらうこともできる。
返済期間は最長10年で、利用限度額100万円未満の金利は年13.0%~18.0%。利用限度額が100万を超える場合は、金利年7.8%~15.0%と低金利になる。対象は法人のみで、個人事業主は対象外。

詳細はこちら

AGビジネスサポート 事業者向けビジネスローン(AGビジネスサポート株式会社)

AGビジネスサポート 事業者向けビジネスローン公式Webサイト

(出所:AGビジネスサポート 事業者向けビジネスローン公式Webサイト)

無担保・無保証で50万~1,000万円の借り入れが可能。来店不要で、申し込みから融資までWeb上で手続きを完結でき、返済も全国の銀行および提携ATMから行える。即日融資も可能で、時間のない事業者や今すぐ資金が必要な場合にはおすすめ。金利は年3.1%~18.0%で、返済最長期限は5年。

詳細はこちら

ファンドワン 事業者ローン(ファンドワン株式会社)

ファンドワン 事業者ローン公式Webサイト

(出所:ファンドワン 事業者ローン公式Webサイト)

最短40分という圧倒的なスピード審査で、即日融資が受けられる点が魅力。借入金額は30万~500万円で、金利は年10.0%~18.0%。来店不要で、全国どこからでも利用できる。
現状の経営状況だけにとらわれない柔軟な審査基準が特徴で、業歴が短かったり、赤字決算などで銀行融資が受けられなかったりする場合でも資金調達が可能なことも。ただし返済期間は一括返済で1年。一時的なつなぎ資金として短期返済するならおすすめ。

詳細はこちら

オリックス・クレジット VIPローンカードBUSINESS(オリックス・クレジット株式会社)

オリックス・クレジット VIPローンカードBUSINESS公式Webサイト

(出所:オリックス・クレジット VIPローンカードBUSINESS公式Webサイト)

法人経営者・個人事業主が利用でき、50万~500万円までの借り入れが可能。事業性資金だけでなく生活資金として利用することもでき、資金用途の自由度はかなり高い。審査時間は最短1時間で、即日融資も受けられる。
担保、保証人も必要なく来店も不要。契約枠(コース)ごとに金利が設定されており、50万円コースは年8.0%~17.8%、100万円コース以上は年6.0%~14.9%。返済期間は最長で10年2カ月。

詳細はこちら

主なビジネスローン(融資枠を設定できる)

PayPay銀行 ビジネスローン(PayPay銀行株式会社)

PayPay銀行 ビジネスローン公式Webサイト

(出所:PayPay銀行 ビジネスローン公式Webサイト)

10万円から最大1,000万円まで融資を受けられて、金利は年1.8%~13.8%。業歴が2年以上、または決算を2期終了していることが契約の条件になるが、利用限度額の範囲で何度でも借り入れできる自由度は魅力。返済は月々2,000円~13万円。
契約時にPayPay銀行の口座を開設しなければならないが、申し込みの段階では口座がなくても可能。返済はPayPay銀行の口座から自動引き落としになるので、返済し忘れもなく安心。

詳細はこちら

GMOあおぞらネット銀行 融資枠型ビジネスローン あんしんワイド(GMOあおぞらネット銀行株式会社)

GMOあおぞらネット銀行 融資枠型ビジネスローン あんしんワイド公式Webサイト

(出所:GMOあおぞらネット銀行 融資枠型ビジネスローン あんしんワイド公式Webサイト)

最大1,000万円まで借り入れ可能。決算書や事業計画書などの提出は不要で、創業期や赤字の場合でも融資を受けられる。事業用途であれば任意の目的で使える。金利は年0.9%~14.0%で、最低金利は銀行系ビジネスローンの中でも特に低い。
審査申し込みから借り入れまでは最短2営業日。来店不要ですべてオンラインで完結できる。融資枠型で、利用限度額の範囲内で必要なだけ借り入れ可能。返済も自由。

詳細はこちら

りそなビジネスローン「活動力」(株式会社りそな銀行)

りそなビジネスローン「活動力」公式Webサイト

(出所:りそなビジネスローン「活動力」公式Webサイト)

10万~1,000万円までの借り入れが可能。上限100万円までなら、決算書2期未満の法人でも申し込み可能で、創業期の資金繰りにも有用。原則担保・保証人は不要だが、信用保証協会利用対象業種であること(農林水産業は可)が条件。
融資枠の範囲内であればいつでも引き出し可能で、金利は年3.0%~14.0%。契約期間は法人で3年(1年ごとの定期審査、3年ごとの継続審査あり)、個人事業主で1年(1年ごとの定期審査あり)。

詳細はこちら

楽天スーパービジネスローン エクスプレス(楽天カード株式会社)

楽天スーパービジネスローン エクスプレス公式Webサイト

(出所:楽天スーパービジネスローン エクスプレス公式Webサイト)

楽天市場の出店事業者限定のビジネスローン。50万~1,500万円までの借り入れが可能で、金利は年3.0%~14.5%。個人事業主は原則2期分の確定申告書を提出しなければならないが、業歴が浅い場合も相談の上、契約可能な場合あり。
極度方式基本契約で、利用可能枠の範囲内で何度でも融資を受けられる。支払いは、R-Card Plus・楽天ペイ(楽天市場決済)の売上代金から充当されるようになっている。返済期間は最長3年。

詳細はこちら

主なビジネスローン(大口融資にも対応)

横浜銀行 〈はまぎん〉スーパービジネスローン(株式会社横浜銀行)

横浜銀行 〈はまぎん〉スーパービジネスローン公式Webサイト

(出所:横浜銀行 〈はまぎん〉スーパービジネスローン公式Webサイト)

横浜銀行の〈はまぎん〉スーパービジネスローンは、神奈川県・東京都町田市の中小企業向けの事業者ローンで、無担保で最高5,000万円まで融資を受けられる。売上高10億円以下の企業が対象で、資金用途は運転資金と設備投資に限られる。
業歴2年以上かつ直近2期の確定申告を継続完了していることが条件だが、横浜銀行と融資取引がなくても利用できる。固定金利は年2.75%~、変動金利は年2.95%~で、返済期間は最長5年。

詳細はこちら

アクト・ウィル ビジネスローン・事業資金融資(アクト・ウィル株式会社)

アクト・ウィル ビジネスローン・事業資金融資公式Webサイト

(出所:アクト・ウィル ビジネスローン・事業資金融資公式Webサイト)

300万円から最大1億円までの大口融資を受けることが可能。融資対象は年商5,000万円以上の法人に限定されている。
午前中の申し込みであれば即日融資も可能で、すぐにまとまった資金を必要としている場合に便利。代表者の連帯保証があれば、原則第三者の保証人や担保は必要ない。返済期間は最長3年。金利は年7.5%~15.0%で、ノンバンクの大口融資としては比較的低金利で利用できるのも特徴。

詳細はこちら

ニチデン 事業者ローン(株式会社日電社)

ニチデン 事業者ローン公式Webサイト

(出所:ニチデン 事業者ローン公式Webサイト)

最大1億円の大口融資を受けられ、1億円以上も相談によっては対応可能。小口から大口まで様々なニーズに対応できるが、場合によっては連帯保証人と不動産担保が必要な場合も。
金利は年4.8%~17.52%。最長20年という返済期間の長さ(繰り上げ返済も可能)が特徴で、ゆとりのある返済計画が立てられる。融資対象地域は、大阪府・京都府・兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県・三重県の2府5県に限られている。

詳細はこちら

オージェイビジネスローン・事業資金融資(株式会社オージェイ)

オージェイビジネスローン・事業資金融資公式Webサイト

(出所:オージェイビジネスローン・事業資金融資公式Webサイト)

1億円の大口融資に加え、短期・つなぎ資金として30万円からの小口調達も可能。最短即日で融資が受けられる。基本的に無担保融資(審査の結果によっては必要)で、業歴が浅くても利用できるのが特徴。
金利は年10.0%~18.0%。返済期間は最長3年で、一括返済から元金均等、元利均等、自由返済と柔軟な返済プランが立てられる。高金利のため長期返済には向かないが、大口融資を無担保で即日受けたい場合は検討の余地あり。

詳細はこちら

まとめ

ビジネスローンは、法人や個人事業主が利用できる事業者向けのローンです。他のカードローンやキャッシング、ローンと比べると、事業用に使える、無担保・無保証で借りられるなどのメリットがあります。即日融資を受けられる商品もあり、すぐにまとまった資金調達が必要になった場合にも非常に便利です。

ただ、利用限度額は低めで、銀行などからの融資に比べると金利は高い傾向にあるため、あらかじめ計画的な返済プランを立てる必要があります。ビジネスローンは、「即日融資に対応したタイプ」「融資枠を設定できるタイプ」「大口融資にも対応したタイプ」の3つに大きく分けられます。まずは現状に見合ったタイプを絞り込むところから始めてみてください。

その上で、実際にどのビジネスローンにするか、以下3つのポイントを押さえて比較・検討しましょう。

(1)申込条件はクリアできそうか
(2)手続きは面倒ではないか
(3)返済期間は十分か

重要なのは、現状を把握して自社にとって最適なものを選ぶことです。今回の記事を参考に商品を選定してみてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • X
  • LINE