• トップ
  • 特集記事
  • ドローン空撮サービス比較15選!費用相場やおすすめ会社を紹介
ドローン空撮サービス比較15選!費用相場やおすすめ会社を紹介

ドローン空撮サービス比較15選!費用相場やおすすめ会社を紹介

最終更新⽇:2024-04-03

ドローンを利用した映像を撮りたいけど、どこへ依頼したらいいのかわからない。そんな方向けに、ドローン空撮サービスの概要や費用相場、比較ポイントなどをおすすめサービスを交えながら紹介します。

ドローン空撮サービスとは

ドローン空撮サービスとは、特定の地域や対象を上空から撮影する専門サービスです。

かつては、災害時の救助活動や救援物資の輸送、インフラの点検、物流など一部の利用にとどまっていたドローンですが、2022年に行われた法改正により、商用での利用が広がりました。近年では農業、建設、不動産など私たちの身近な生活でのドローンの利用が拡大しています。

ドローン空撮における課題

様々な領域でドローン空撮がトレンドになりつつありますが、自社で撮影を行う場合には、高性能なドローン機材や熟練の操縦者が必要です。更に、撮影には飛行許可の申請やプライバシーと安全確保のための規制遵守が必要となり、時間と労力を要します。加えて、機材の損傷や事故によるリスクも考慮しなければなりません。

ドローン空撮サービスを利用すれば、これらの課題の克服が可能です。プロの専門サービスは必要な機材、訓練された操縦技術、法規制知識などを持っており、高品質な空撮を迅速かつ安全に実行できます。また、事故や損害の際には保険が適用されるため、企業側のリスクの低減が可能です。

近年では、ドローン需要の高まりに伴い、ドローン空撮サービスも規模の大きなプロジェクトや特別なイベントでの撮影に利用されるようになっています。

ドローン空撮サービスの費用相場

ドローン空撮サービスの費用は、撮影時間や撮影日数などで決まります。詳細な料金はサービス提供会社によっても異なりますが、大まかな目安としては1時間あたり50,000円~10万円程度が相場になります。

主なサービス提供会社 料金(1時間あたり) 特徴
ツウテック 60,000円~ 広告用動画や写真、イベント撮影など多目的に利用可能。
ドローンエンタープライズ 55,000円~ 企業PV、広告、テレビ、映画撮影などクリエイティブな空撮に強み。
ジョイフット 50,000円~ スポーツやレースなどの競技、イベント中継・撮影に強み。

また、ドローン空撮サービスは、時間あたりの料金のほかにも、依頼内容によって追加費用が発生する場合があります。以下、オプション料金の例と費用目安を取り上げておきましたので参考にしてください。依頼前には詳細な見積もりを取るように心がけましょう。

料金項目 説明
出張費用 対応エリア外の撮影時の出張費用
費用目安:15,000円~
ディレクション費用 撮影から映像制作までの管理費用
費用目安:50,000円~
機種の併用 複数のドローンを併用して撮影するときの費用
費用目安:20,000円~
安全管理要員 第三者が撮影地に入る可能性があるときの安全確保のための人員増員費用
費用目安:30,000円~
機材増設 撮影にあたり機材を増設した際の費用
費用目安:10万~15万円

ドローン空撮サービスの利用目的

ドローン空撮サービスの利用目的としては、主に次の3点が挙げられます。

  • プロモーション撮影
  • 点検・調査
  • 中継や撮影

それぞれ具体的にどのような場合が当てはまるのか。どのような利点があるのかを確認していきましょう。

プロモーション撮影

ドローン空撮は、製品や不動産、観光地、企業施設などの魅力を高めるプロモーション撮影に効果的です。

たとえば、マンションの販売では、ドローンを用いれば眺望の良さを強調したアピールが可能です。観光地では、その地域の美しさや景色の特徴を視覚的に表し、視聴者に魅力が伝えることができます。企業や学校では、施設の全景を空から撮影すれば、社屋や校舎の規模や設備を効果的にアピールにつながり、会社案内や学校案内として利用可能です。

なお、ドローン空撮で撮影した映像は、プロモーション資料や広告、Webサイト、SNSなど、様々なチャネルで活用できるため、宣材としてもコスパが高いのが特徴です。

点検・調査

ドローン空撮は点検・調査の分野でも役立ちます。これまで高所や困難な地形での構造物の点検には、人間が直接足場を組んで、リスクの高い場所にアクセスする必要がありました。しかし、ドローンを利用すれば、足場を組む必要も直接足を運ぶ必要もありません。点検・調査作業が安全かつ迅速に実施できます。

たとえば、橋梁や高層ビル、太陽光パネルなど、定期的な点検が必要な施設では、ドローンを利用して全体像をとらえ、問題箇所の特定が可能です。建物の大規模修繕の前にどれだけ傷んでいるかを調べる際にも、ドローン空撮で効率的な調査もできます。

また、災害後の状況調査、断崖や断層の調査など、人間がアクセスしづらい場所の調査にもドローン空撮が重宝されます。サーモグラフィーカメラなどの先進的なセンサーを利用すれば、目に見えない熱異常も検出可能です。

イベントの中継や撮影

ドローンはイベントの中継や撮影に関しても、迫力ある映像と該当イベントならではのプレゼンスを視聴者に伝えることができます。たとえば、ドローンの視点を楽しめるFPVドローンなどを利用すれば、より臨場感のある映像を撮ることができます。コンサートやスポーツイベントなどの生中継に利用すれば、新たな視点を生み出し、より広い視聴者層に届けることが可能です。

ドローン空撮サービスの利用メリット

ドローンは、一定のスキルと資格さえあれば誰でも操作可能です。そのため、クラウドソーシングなどを利用したり、ドローンを所有する知り合いにお願いしたりなど、個人への依頼で費用を安く抑えられます。

わざわざ個人ではなく、コストのかかるドローン空撮サービスを利用するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

高画質でクオリティの高い映像を撮影できる

ドローン空撮サービスは、個人では所有しづらい高品質な撮影を可能にする専門機材と技術を有します。専門的なスキルを身につけたオペレーターによる撮影は、高解像度の映像はもちろん、それ以外にも独特な視点で対象物の魅力を引き出すことが可能です。

たとえば、ドローン空撮サービスならではの映像技法としては、機体に搭載されたカメラからの一人称視点の映像を撮影するFPVもその一つ。一般のカメラやドローンでは実現できない映像を撮影することで、イベントのVR中継や独自性の高い映像演出などに活用されています。

法令違反などコンプライアンスを遵守できる

ドローン飛行は安全やプライバシーに配慮するために、法令で様々な規制が設けられています。たとえば、150m以上の高さの上空を撮影する際や国会議事堂などの重要施設の周辺、公園などでドローンを飛ばすことは規制されています。法令に違反して実際に事故が発生した場合には、最高で「2年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科される可能性があるため、十分に注意が必要です。

ドローン空撮サービスを利用すると、規制を含む最新法令にも詳しいことから正しい対処が可能です。法令関係の知識に不安がある際は、ドローン空撮サービスが適します。

保険によって万が一の事故にも備えられる

ドローン空撮サービスでは、万が一の事故に備えてほとんどの業者が対人・対物賠償責任保険に加入しています。保険加入により撮影中に起こりうるトラブルや不測の事態に対応し、依頼者と撮影対象を保護します。

事故やトラブルによる賠償などを未然に防ぐためには、各種保険に加入している業者を選ぶことが大事です。補償金額も比較しておくと、より安心材料になるでしょう。

ドローン空撮サービスの選び方

ドローン空撮サービスにより対応できる範囲は異なります。たとえば、「プロモーション撮影に強みがあっても点検・調査の実績が少ない」など、サービスによって強みとする部分や特徴は異なります。そのため、選ぶ際には「何を撮影するのか」「どのような用途で利用するのか」利用目的を明確にする事が重要です。

以下、いくつかのタイプに分けて、特徴を紹介していますので、確認してみてください。

様々な目的に対応可能なタイプ

ドローン空撮サービス選びで迷った際におすすめの様々な目的に対応可能なタイプです。幅広いニーズに応えられるため、顧客の要望にも応えやすいという特徴があります。

それ以外でも、4KやVR、高解像度静止画など高品質な撮影に対応しているサービスも多く、質にこだわりたい場合にも向いています。撮影だけではなく、映像編集まで対応しているサービスを選ぶことで、制作に関するノウハウがない場合でも依頼しやすいでしょう。

プロモーションに強みのあるタイプ

見せ方や演出にこだわりがある場合に、おすすめのタイプです。中でも「自然」や「建築物」など、個々の撮影環境に合った強み・実績・ノウハウを持つサービスを利用すれば、よりクリエイティブな映像を撮影できます。

その他、プロモーション用であれば、効果的に訴求するために企画、撮影、編集を全般的に任せられるサービスを選ぶことも方法の一つです。

点検・調査に強みのあるタイプ

点検・調査に強みのあるタイプを選びたいときは、単にドローン撮影できるだけでなく、点検・調査のための機能を持ったサービスを選びましょう。たとえば、ズームカメラや赤外線カメラを利用すれば、大規模設備における異常箇所も手間をかけずに、精査できます。

ほかにも機体が小さいマイクロドローンを取り扱うサービスは、狭い場所や一般的なドローンが飛行できない場所にも到達できて正確な点検や調査ができます。

リアルタイム中継・撮影に強みのあるタイプ

イベントのリアルタイム中継・撮影にドローンを利用したい場合は、FPVドローンのような一人称撮影が可能なタイプがおすすめです。スポーツやコンサートなどは特に臨場感ある映像に仕上がります。また、GPSとの連携ができる場合は、プレイヤーを追いかけて撮影するなど、より臨場感のある演出も可能です。

ドローン空撮サービスの比較ポイント

ドローン空撮サービスを比較するときは、次のポイントに着目しましょう。

  • 編集作業も行ってくれるか
  • 撮影対象の実績・ノウハウがありそうか
  • 資格や飛行許可は十分か
  • 撮影地の近くに拠点があるか

上記のポイントに着目して比較すると、希望するサービスが見つかります。一つずつ確認していきましょう。

編集作業を依頼できるか

プロモーション利用の場合には、撮影後の編集も重要です。編集では、音楽の挿入、字幕の追加、様々なエフェクト適用などが行われます。編集作業を行うためのスキルと機材を持っていないのであれば、撮影と同時に編集サービスも提供している企業を選ぶことが望ましいです。

たとえば、大日本印刷のサービスの場合、自社の編集室があり撮影から編集・加工まで依頼が可能です。ほかにも編集作業を依頼できるサービスはあるので、事前に確認しておきましょう。

撮影対象の実績・ノウハウがありそうか

プロモーション利用やドラマ撮影のための映像と、点検・調査のための映像では、求められる画質が異なってきます。そのため、サービスを検討する際には、単に高画質なドローンを取り扱っているだけではなく、撮影対象に最適な機材や撮影方法を提供しているかチェックしましょう。

サービスによっては、アートやクリエイティブに強みがあるもの、不動産広告に強みがあるものなど、特徴や強みがそれぞれで異なります。たとえば、ドローン・フロンティアのサービスは、赤外線調査に強みがあります。実績やノウハウは、サービスのLPやHPに公開されている場合が多いのでしっかり確認してください。

資格や飛行許可は十分か

ドローン空撮サービスを比較する際は、安全性や万が一のリスクに備えて、パイロットの資格や飛行許可を確認しておくことも重要です。様々な資格や飛行許可の有無は、サービスのLPやHPに記載している場合が多いため、参考にしましょう。

たとえば、ワンストップスタジオのサービスのように国土交通大臣認定の包括申請を取得しているサービスであれば、撮影の度に申請する必要がなく、短い制作期間や悪天候による順延も心配が不要です。また、パイロットにおいてもドローンの国家資格である一等無人航空機操縦士が在籍しているサービスならば安心感があります。

撮影地の近くに拠点があるか

ドローンで撮影するにはスタッフが撮影地まで出向く必要があり、遠隔地の場合は出張費用が発生する可能性があります。撮影地に向かう人数や撮影時間によっては出張費も膨大な金額になります。そのため、撮影地の近くに拠点があるかどうか、出張費がかかるエリアとかからないエリアの確認も併せて行いましょう。

たとえば、ドローンエンタープライズのサービスは、東京・神奈川・千葉・埼玉 は出張費用がかからず、ほかのエリアでの撮影で料金がかかります。また、拠点に関しても本社だけでなく、多拠点展開をしているサービスもあるので、LP等で必ず確認しておくようにしましょう。

主なドローン空撮サービス(様々な目的に対応可能)

DRONE TOKYO(株式会社ジム)

DRONE TOKYO公式Webサイト

(出所:DRONE TOKYO公式Webサイト)

プロモーションや点検など様々な用途向けに、4K動画やVR、高解像度静止画の空撮サービスを提供。独自の提供内容として、バーチャルツアーの作成やビデオプロジェクトの包括的な管理、運用保守のためのサーモグラフィー撮影などがある。建設進捗の確認や不動産のプロモーションなど、特定の業務に合わせた空撮もできクライアントのニーズに応じた柔軟な対応が可能。効率的かつ安全な運用に特化して、クライアントとスタッフの安全を最優先にしているのも心強い。

  • 料金:20万円(1日あたりの映像撮影料)〜

詳細はこちら

ドローン空撮サービス(株式会社Sky Shot World)

ドローン空撮サービス公式Webサイト

(出所:ドローン空撮サービス公式Webサイト)

多様な空撮ニーズに対応したサービスを提供。高松市を拠点に、中四国や関西地方をカバーし、不動産やイベントのプロモーション、建設現場の監視など様々な用途での空撮に対応。クライアントの要望に応じた柔軟な対応が可能で、高品質な映像制作の実績も豊富。ゴルフ場や海岸、陸橋、市街地など様々な実績を有する。ケーブルカムシステムを利用したライブ中継も行っており、ドローンが飛行できない環境でも安定した映像の提供も強み。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

ドローン空撮サービス(空撮サービス株式会社)

ドローン空撮サービス公式Webサイト

(出所:ドローン空撮サービス公式Webサイト)

高所やGPS非対応地域でも正確な自動飛行可能。橋梁やダムなどのインフラ設備の点検からイベント撮影・プロモーションビデオ制作、そのほかにも不動産紹介から自然災害時の調査まで広範囲のドローン空撮に対応している。カスタマイズのノウハウに強みを持ち、顧客の要望に応じた飛行システムを開発しているのもポイント。カスタマイズした機体のテスト検証や現場導入まで支援してくれる。

  • 料金:テストフライトサービス10万円(初回)、一般撮影サービス80,000円~。機体カスタムサービス・設備点検撮影サービスは要問い合わせ

詳細はこちら

ドローン空撮サービス(株式会社ツウテック)

ドローン空撮サービス公式Webサイト

(出所:ドローン空撮サービス公式Webサイト)

もとはライブ撮影を中心に、リモートクレーンを使用した特機撮影など20年以上の分厚い経験のある撮影会社。ドローン飛行についても経験豊富なベテランパイロットが在籍。従来の業界経験を活かしつつ、多彩な空撮を実現する。また、高度100m以下での撮影や様々なシチュエーションでの移動撮影を可能にする高性能機材を保有。広告用動画や写真、イベント撮影など、そのほかにも映画やCM撮影などに適した高品質な映像を提供。

  • 料金:60,000円~ ※機体により異なる

詳細はこちら

ドローン空撮サービス(大日本印刷株式会社)

ドローン空撮サービス公式Webサイト

(出所:ドローン空撮サービス公式Webサイト)

ハイビジョンや4Kによる高画質でワイドな撮影が可能。地上0mから上空100mまで、連続した撮影、更に見通しが良ければ操作範囲約1kmまで対応。サーモグラフィーカメラを搭載すれば、建物やソーラー発電の検査もできる。パイロットは飛行と撮影の専門家で、撮影要件に基づきカメラの角度を調整しつつドローンを操縦。撮影だけでなくCG作成、映像編集、ナレーションや音楽の追加が可能な設備とスタッフがニーズに応えている。会社案内、工場案内、資料映像、ゴルフ場、遊戯施設などの多様な撮影事例あり。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

主なドローン空撮サービス(プロモーションに強み)

DRONE VIDEO&PHOTO SERVICE(株式会社ドローンエンタープライズ)

DRONE VIDEO&PHOTO SERVICE公式Webサイト

(出所:DRONE VIDEO&PHOTO SERVICE公式Webサイト)

クリエイティブな空撮を得意とする撮影サービス。企業PV、広告、テレビ、映画撮影を含む1,000件以上の実績を持ち、高い撮影技術も持ち合わせている。不動産広告や眺望のドローン撮影にも対応している。専門的な知識を持った国家資格ドローン操縦士が担当し、安全規制を遵守しつつ、クオリティの高い映像作成を実現。東京や神奈川、千葉、埼玉を中心に全国エリアへの出張も可能となっている。

  • 料金:55,000円(1時間以内のミニマムプランの場合)

詳細はこちら

ワンストップスタジオ(株式会社ジェー・ピーシー)

ワンストップスタジオ公式Webサイト

(出所:ワンストップスタジオ公式Webサイト)

東京中心にドローン空撮サービスを展開。人口密集地や夜間のフライトなどの申請不要な全国包括承認書を取得済み。マイクロドローンも取り扱い、規制により大型・中型のドローンでは撮影できない場所での撮影も可能だ。観光地やイベント会場、教育施設、工場、商業施設など幅広いシーンに対応。撮影だけでなく、映像編集も対応可能。プロモーション活動における映像制作全般で頼りにできる。

  • 料金:15万円~(4時間以内のスタンダードプランの場合)

詳細はこちら

ドローン空撮サービス(株式会社サムシングファン)

ドローン空撮サービス公式Webサイト

(出所:ドローン空撮サービス公式Webサイト)

大自然の壮大な風景を空からとらえることが強み。海の静けさや山々の雄大さなど、自然の多様な表情を映し出している。小型無人機を使用して迅速かつ柔軟な撮影を実現し、安全面にも細心の注意を払っている。東京、大阪、名古屋を拠点に、行政や旅館などの映像制作の実績を持つ。建造物や農園、公園、ゴルフ場、更にはイベント収録など幅広い撮影に対応可能。綿密な打ち合わせやテスト撮影など段階を経て本番撮影に移る点も特徴だ。

  • 料金:20万円~(東京1日の場合)

詳細はこちら

ドローン空撮サービス(株式会社NAVA)

ドローン空撮サービス公式Webサイト

(出所:ドローン空撮サービス公式Webサイト)

ドローンによる撮影技術と映像制作を融合させ、ビジュアルコミュニケーションを通じて新たなビジネスの価値を創造する。制作したドローン映像は「作品」として日本国内外で高く評価されており、数々の賞を受賞。プロの映像制作チームとして、映像の企画から撮影、編集まで一貫したサービスも強み。また、世界遺産や難易度の高い撮影地でも撮影許可を取得し、高品質な空撮をしている。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

主なドローン空撮サービス(点検・調査に強み)

ドローン空撮サービス(DRONE PILOT AGENCY株式会社)

ドローン空撮サービス公式Webサイト

(出所:ドローン空撮サービス公式Webサイト)

画像解析AIとドローンを統合したソリューションを提供し、構造物の劣化診断や測量、マーケティングなど多岐にわたるサービスを展開。橋やトンネル、太陽光パネルなどの点検や調査実績がある。ほかにも森林や山岳地の測量、撮影した写真をもとにした土木測量にも対応。災害時の生活インフラの点検、風力発電所の点検など、生活に近いレベルのサービスが強みとなっている。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

屋内・屋外ドローン点検サービス(セブントゥーファイブ株式会社)

屋内・屋外ドローン点検サービス公式Webサイト

(出所:屋内・屋外ドローン点検サービス公式Webサイト)

屋内外の施設を対象に点検サービスを提供。屋内飛行に特化したドローンを使用し、狭い空間や高所など、人が入りにくい場所の点検も可能にしている。ほかにも大型貯水タンクや橋の点検に対応。全国対応可能で、事前の丁寧なヒアリングをもとにした最適な撮影プランを提供する。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

ドローン空撮サービス(株式会社ドローン・フロンティア)

ドローン空撮サービス公式Webサイト

(出所:ドローン空撮サービス公式Webサイト)

ドローンに加えて赤外線技術を活用した、建築物の外壁調査が強み。総飛行時間1,000時間以上のパイロットが多数在籍し、安全面と技術面を両立している。中には、赤外線診断の公的資格を取得した調査員も在籍する。年間150棟以上の調査を実施しており、マンションや商業施設、ホテル、学校、工場など多種多様な物件データから精度の高い画像分析も可能としている。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

主なドローン空撮サービス(リアルタイム中継・撮影に強み)

ドローン空撮サービス(FPVドローン株式会社)

ドローン空撮サービス公式Webサイト

(出所:ドローン空撮サービス公式Webサイト)

FPVドローンを利用した映像撮影サービスを提供しており、企業PRやアーティストライブ、スポーツイベントなど様々なニーズに対応。スピード感や迫力ある映像制作が特徴。たとえば、サッカー中継時にシュートやパス、選手がフィールドを駆け上がるシーンなども手掛ける。ほかにも小型のFPVドローンを使用した狭所撮影にも対応。FPVドローン専門のスクールも運営しており、初心者からプロまでを対象とした様々なクラスを設けている。

  • 料金:15万円~(ライブプランの場合)

詳細はこちら

ドローン空撮サービス(株式会社 Red Dot Drone Japan)

ドローン空撮サービス公式Webサイト

(出所:ドローン空撮サービス公式Webサイト)

スポーツイベント向けのドローン撮影サービス。アスリートのリアルタイムデータとドローンの自動飛行制御を組み合わせて観客に臨場感のある映像体験を提供する。GPSとデータビジュアライゼーション技術により、アスリートを自動追跡して観客にわかりやすい形で情報を表示。マリンスポーツ、ウインタースポーツ、フィールドスポーツ、モータースポーツなど、多岐にわたるイベントでの撮影にも対応。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

ドローン空撮サービス(株式会社ジョイフット)

ドローン空撮サービス公式Webサイト

(出所:ドローン空撮サービス公式Webサイト)

スポーツシーンに特化したドローン空撮サービス。スポーツイベントのライブ撮影、スポーツチームの分析空撮などに強み。これまでに愛知東邦大学女子サッカー部やモトクロスレーサーの空撮実績がある。空撮技術はもちろんのこと、企画提案力にも定評があり、学校行事や自治体イベントの記念撮影などにも対応している。

  • 料金:50,000円~(1時間以内のスタンダードプランの場合)

詳細はこちら

まとめ

ドローン空撮サービスは、プロモーション利用や点検・検査などにも活かせます。タイプ別にすると下記のように分類が可能です。

(1)様々な目的に対応可能なタイプ
(2)プロモーションに強みのあるタイプ
(3)点検・調査に強みがあるタイプ
(4)リアルタイム中継・撮影に強みのあるタイプ

また、希望に合うサービスを選ぶときは、次のポイントを押えて比較検討するとスムーズです。

(1)編集作業も行ってくれるか
(2)撮影対象の実績・ノウハウがありそうか
(3)資格や飛行許可は十分か
(4)撮影地の近くに拠点があるか

本記事では具体的なサービスも数多くご紹介しましたので、自社に合うものを検討してみてください。

このページの内容をシェアする

  • Facebook
  • X
  • LINE