• トップ
  • 特集記事
  • 記事作成代行サービス比較10選。依頼内容や相場、選び方を紹介

記事作成代行サービス比較10選。依頼内容や相場、選び方を紹介

最終更新⽇:2023-11-21

記事作成代行サービス比較10選。依頼内容や相場、選び方を紹介

SEO対策した記事を自社のオウンドメディアで定期的に発信したい方や、より品質の高い記事で製品やサービスの認知拡大をはかりたいと考える企業の方へ。記事作成代行サービスを利用するメリットや比較すべきポイントとともに、おすすめのサービスを紹介します。

記事作成代行サービスを利用するメリット

記事作成代行サービスとは、企業がWebサイトやオウンドメディアで発信する記事の作成を、専門の外部業者に委託できるサービスです。記事作成代行サービスを利用するメリットについて解説する前に、まずは記事作成を内製する場合、どのような課題があるのか見ていきましょう。

オウンドメディアの記事作成・発信を内製化する場合の課題

昨今は、あらゆる企業がオウンドメディアを持ち、自社に関する記事を発信しています。自社の製品・サービスの認知向上や集客アップのために、これからオウンドメディアに注力したいと考えている企業も多いでしょう。

しかし、自社で記事の作成を内製化しようとすると、以下のような課題にぶつかることがあります。

  • 自社にノウハウが不足しており、効果的なSEO(検索エンジン最適化)対策ができない
  • サイトの訪問者がいても、リード獲得や購買行動につながらない
  • ほかの業務との兼ね合いで時間の捻出が難しく、記事の更新が滞ってしまう

一方、自社でライターを雇用しようとすると、以下のような課題が発生することも。

  • ライターの品質のばらつきが大きく、よい記事を確保し続けるのが大変。
  • 記事作成やSEOに知見のある人員がいないと、指導ができない
  • スケジュール管理や原稿確認などの業務負担が増える

記事制作代行サービスを利用した場合のメリット

そこで役立つのが、記事作成代行サービスです。サービスを利用することで、以下のメリットが見込めます。

記事の品質向上

記事作成代行サービスには、経験豊富なライター・編集者が在籍しています。加えて、必要に応じて記事のテーマに関する専門知識を持ったライター・監修者のアサインも可能。読みやすく、内容の充実した良質な記事を発信できるようになります。

記事の定期更新・量の担保

記事作成を外注できるので、社内の事情で更新が滞ることがなくなります。また、まとまった量での記事作成依頼ができるため、比較的短期間でコンテンツを増やせます。

SEOを意識した効果的な記事作成

SEOの知見豊富なスタッフが常駐しているのも、記事作成代行サービスの強み。ノウハウに基づいて作られた記事が検索上位に表示されることで、サイトへのアクセス数増加が見込めます。

スケジュールや、その他付随業務の管理

ライターのスケジュール管理や、請求書などの管理もまとめてお任せできるので、管理作業に割いていた時間を、別の業務にあてられます。

記事作成代行サービスに依頼できること

記事作成代行サービスに依頼できる主な業務は、以下の通りです。なお、会社によって委託できる範囲は異なるため、見積もりの段階で詳細を確認することをおすすめします。

ヒアリング・
方向性の相談
記事制作における目的や現状の課題、目標などをヒアリング。ヒアリング内容に応じて、記事の方向性やイメージを固めていきます
キーワード選定 より効果的なSEO対策に欠かせないのがキーワードの選定です。PV数アップや集客増加を狙えるキーワードの選定や、盛り込みたいキーワードをもとに関連キーワードを選んでもらうこともできます
キーワード調査 選定したキーワードが、どのようなニーズを持つユーザーに検索されているかを調査。調査結果をもとに、ユーザーに提供すべき情報を定めていきます
構成案の作成 キーワードの調査結果を踏まえ、SEOを意識した記事タイトルや見出しを含めた構成案を作成。競合の記事と比較しつつ、不足している要素の有無などを、依頼企業とすり合わせていきます
記事執筆 サービス提供企業と契約しているライターが、構成案をもとに依頼企業の意向に沿った記事を執筆します
校正・校閲 専用ツールと校正担当者による目視により、誤字脱字やコピペした文章がないかをチェックします
編集 文章の内容が構成に沿っているか、言い回しに違和感がないかをチェックし、必要に応じて文章を編集。キーワードが適切に使われているかもあわせてチェックします
納品 完成した文章を、依頼企業が指定したファイル形式で納品します。WordPressなどのCMSへの直接入稿に対応しているサービスなら、入稿のリソースを削減できます

そのほかに、納品後のリライトや、公開した記事のアクセス数の調査・効果測定まで対応するサービスもあります。

記事作成代行サービスのタイプ別の選び方

記事作成代行サービスのタイプは、大きく分けて3種類です。

1.記事制作全般に対応するタイプ

SEO記事はもちろん、企業や店舗へのインタビュー、記事に挿入するイラストなど、あらゆるコンテンツの制作を支援するタイプ。質の高い記事を求める企業はもちろん、コンテンツ作成に社内リソースを割くのが難しく、関連業務すべてを任せたい企業にもおすすめです。

「ビルドアップ」は、書籍やWebコンテンツの編集・ライティングを担う「編集プロダクション」が母体となってサービスを運営。SEOの知見や記事制作の実績豊富な編集者とライターが協業して、クオリティの高い記事を作成します。「サイトエンジン」は、同社のディレクターが窓口となり、ライター・校正者のスケジュール管理や監修者のアサインなど、一連の業務をすべて代行。依頼企業側は、記事内容や構成案をチェックするだけなので、記事作成業務にかかる負担を大幅に軽減できます。

また「記事作成代行屋」では、特定の分野に知見のある専門家をアサインし、記事を書いてもらえるオプションを用意。同じくオプションで、記事に使うアンケート調査を依頼できるほか、結果のグラフ作成まで任せられます。

2.SEO記事作成に特化したタイプ

SEO記事制作に特化した代行サービス。キーワードの選定や記事構成の段階からSEOを意識し、検索上位表示やCV(コンバージョン)の増加に貢献します。順位を上げるための競合調査や、発信後の効果検証をあわせて依頼したい場合にもおすすめです。

たとえば「AIアナリストSEO」は、作成・発信した記事のCVなどの効果測定をもれなく実施。効果が見込めない記事については別途リライトを提案してくれるため、確実に成果を出したい企業に向いています。また「プラスワード」は、依頼企業の要望に基づいた戦略的な企画立案が得意。ユーザー分析、競合分析などあらゆる角度での分析を通して、ユーザーの検索意図を考慮した記事作りを実現します。

「バズ部式コピーライティング」では、過去に執筆した記事の順位データを公開。約7割が検索結果の1ページ目、約4割が1位表示を獲得するなど成果を数値で可視化しているため、安心して依頼できます。

3.記事の執筆代行に特化したタイプ

記事のテーマや方向性がある程度決まっており、執筆をメインで依頼したい場合におすすめのタイプ。上記2タイプに比べて価格設定が比較的リーズナブルです。

「ZETTON」は、コラムやブログ記事のほか、商品紹介やレビューなど幅広いカテゴリの記事制作を代行。1,000記事以上の大量発注にも対応しています。また、比較・ランキング系のサイト制作に強みを持つ「記事作成代行ドットコム」は、パッケージプランを利用すれば、文章だけではなくWebサイトのデザインも任せられます。

記事作成代行サービスの相場

記事作成代行サービスの相場は、リーズナブルなプランだと「0.7円〜/文字」、SEO対策が施された記事を作成するプランだと「6.5円〜/文字」あたりです。

以下に、料金を公開しているサービスの代表的なプランをまとめましたので、比較検討の参考にしてください。

サービス名 料金 備考
記事作成代行屋 6.5円/文字(基本プラン) 執筆前に編集者が要望をヒアリング。納品後30日間は修正し放題
記事制作代行Pro 6.5円/文字(シルバープラン) 現状分析を踏まえながら、盛り込むべきキーワードの調査・選定から対応
サイトエンジン 15,000円/記事〜(記事企画構成)
24,000円/記事〜(ライティング)
※1文字8円想定
SEO記事以外も幅広く対応
ビルドアップ 50,000円/記事〜(ビルドアッププラン) 編集プロダクション出身の編集者・ライターが質の高い記事を制作
プラスワード 21,000円/記事〜(企画・納品プラン) 施策対象のWebサイトの状況分析が得意
ZETTON 0.7円/文字〜 1,000記事以上の大量発注が可能
記事作成代行
ドットコム
1円/文字 比較・ランキング系記事の制作に強み

記事作成代行サービスの比較ポイント

記事作成代行サービスを導入するうえで比較すべきポイントは、以下の7点です。

1.対応できる業務の範囲

記事の方向性の相談から執筆後の編集・校正まで任せられるタイプから、ライティングのみを依頼できるタイプ、画像の作成を任せられるタイプなど、サービス提供によって対応範囲は様々です。比較検討の際には、どのような業務を依頼したいのかを明確にしておきましょう。

「記事制作代行Pro」は、5種類の料金体系を用意。最終校正なしの「シンプルプラン」から、上位競合記事の分析ができる「プラチナプラン」まで幅広くそろうので、自社に最適なプランを選びやすいです。

2.ライターの質

記事のクオリティを重視するなら、サービス提供会社に所属しているライターの実績や実力に着目してみましょう。

「記事作成代行屋」はライターに厳しい選考基準を設けており、通過率は約3%。選考を通過した優秀なライターが執筆にあたります。「プラスワード」は、出版社などの業界で執筆経験のあるライターを厳選。また、2回目以降発注を依頼する際に、同じライターを指名することもできるので、文体や品質にばらつきのない記事発信が可能に。

3.記事のクオリティチェック

記事がどのようなチェック体制を経て納品されるのかも、確認すべき重要なポイントです。「AIアナリストSEO」は、自社で定めた20項目以上の基準でクオリティをチェック。更に、複数人の目視を経てから納品する体制をとっています。

「サイトエンジン」では、「ディレクター・記事構成担当・ライター・校正校閲者」が属する4つのチームで1つの記事を制作。都度、依頼企業と方向性を確認しながら進めていくため、当初のイメージと異なる記事が納品されるリスクを軽減できます。

4.納品スタイル

テキストファイルではなく、WordPressなどのCMS入稿を希望する場合は、対応可否をチェックしておきましょう。

「記事作成代行Pro」では、別途1.0円/文字でCMS入稿対応が可能です。また「プラスワード」は、記事の投稿管理を任せられる「企画・投稿プラン」を用意しています。

5.修正対応の柔軟性

できあがった記事の修正を依頼したい場合、無償で対応してもらえるのか、または何回まで修正に応じてもらえるかを確認しましょう。「記事作成代行屋」では、納品後の30日間であれば何度でも無料で修正対応が受けられます。

一方、「記事作成代行Pro」は、誤字脱字以外の修正依頼は基本的に対応不可。「ビルドアップ」も、プランによって修正対応不可、もしくは1回までと限られています。納品後の修正対応が難しいサービスを選ぶ場合は、企画や構成の段階で、きちんと記事イメージをすり合わせておくことが重要となります。

6.対応ジャンル

基本的に、どのサービスも幅広いカテゴリの記事作成に対応しています。ただし医療・美容分野の記事を頼みたい場合は、医薬品の製造・販売ルールに基づいた「薬機法」に抵触しないライティングができるかを確認しましょう。たとえば、専門ライターが所属している「ニュートラルワークス」なら、薬機法に対応したライティングが可能です。

7.納品スピード

代行サービスを依頼する際は、記事が納品されるまでの期間も事前に確認しておきましょう。依頼企業側は、納品タイミングを加味して記事の公開スケジュールを立てる必要があるからです。

スピードを重視する場合は、最短で翌日の納品が可能な「ZETTON」がおすすめ。また、「バズ部式コピーライティング」は1記事10日程度、「ニュートラルワークス」はキーワード選定から納品まで約1カ月かかるなど、代行会社や依頼内容によって納品スピードは様々です。

おすすめの記事作成代行サービス(記事制作全般に対応)

記事作成代行屋(株式会社センターグローブ)

記事作成代行屋公式Webサイト

(出所:記事作成代行屋公式Webサイト)

SEO対策を講じながら、コンテンツマーケティング強化にアプローチする記事作成代行サービス。アフィリエイト全国2位を達成した同社のノウハウをもとに、タイトルや見出しに最適なキーワードを挿入し、検索に対し的確に回答できる記事を作成する。所属ライターは通過率3%の選考基準をクリアした、ハイレベルな書き手のみ。
提供プランは2種類。1文字6.5円の「基本プラン」は、社内の編集者が構成に沿った内容になっているか、言い回しは問題ないかなどを目視で丁寧にチェック。1文字4.5円の「ライトプラン」は、編集者のチェックなしで誤字脱字の校正のみを行い納品する。オプションで、企業・店舗のインタビュー記事、アイキャッチや解説イラストの制作にも対応。

  • 料金:6.5円/文字(基本プランの場合)

詳細はこちら

記事作成代行Pro(株式会社BRIDGEA)

記事作成代行Pro公式Webサイト

(出所:記事作成代行Pro公式Webサイト)

SEOの仕組みを熟知したディレクター・ライターが、良質な記事を作成する代行サービス。検索順位アップにつながるキーワード調査・選定を経て、執筆、校正確認、アクセス数調査と一つひとつ丁寧に制作を進めていく。依頼企業それぞれに専属ライターが付き、一貫して執筆を担うため、文体や表現のばらつきが少ない記事を作成できる。ライターの書いた記事は、ディレクターと校閲者で納品前に必ず確認するため、クオリティが安定している。
プランは全5種類あり、代行してほしい内容に合わせて選べる。オプションで、WordPressへの入稿や画像挿入にも対応するほか、SEOコンサルティングを受けることも可能だ。

  • 料金:6.5円/文字(シルバープランの場合)

詳細はこちら

サイトエンジン(サイトエンジン株式会社)

サイトエンジン公式Webサイト

(出所:サイトエンジン公式Webサイト)

15年以上にわたり、依頼企業の記事作成やWebサイトの運用を支援している代行サービス。SEO対策とサービスの売上・集客アップを両立した記事作成に強みを持つ。導入時には、アプローチしたいターゲットを的確にとらえる企画を立案。更に、売上アップに適したキーワード選定や、カスタマージャーニー(ユーザーの興味関心の移り変わり)を意識したライティングでCVにつなげる。
記事は、ディレクター・記事構成担当・ライター・校正校閲の4チームで作成。各チームが、依頼企業と都度コンテンツの方向性を確認しながら制作を進めていくため、イメージと異なる記事が納品されるリスクを軽減できる。SEO記事以外に、プレスリリースやインタビュー記事、マニュアルなどの制作にも対応。

  • 料金:15,000円/記事〜(記事企画構成の場合)、24,000円/記事〜(ライティングの場合)※8円/文字想定

詳細はこちら

ビルドアップ(株式会社YOSCA)

ビルドアップ公式Webサイト

(出所:ビルドアップ公式Webサイト)

Webコンテンツや書籍の編集・ライティングを担う「編集プロダクション」が母体の記事作成代行サービス。検索結果の上位表示をだけでなく、検索ユーザーのニーズに応えることを重視。オリジナルで有用なコンテンツを発信することで、Googleから高評価を得られるという考えのもと記事作成を行う。SEOの知見や記事制作の実績豊富な編集者が、ベテランライターと協業してコンテンツを作り上げるため、クオリティ面が安定しているのも強み。
オプションが非常に豊富で、記事監修のための専門家手配や図表・グラフ制作、情報収集のためのインタビューなどにも対応。1本から記事制作を依頼できるため、試しに代行サービスを使ってみたい企業にもおすすめ。

  • 料金:50,000円/記事〜(ビルドアッププランの場合)

詳細はこちら

おすすめの記事作成代行サービス(SEO記事作成に特化)

ニュートラルワークス(株式会社ニュートラルワークス)

ニュートラルワークス公式Webサイト

(出所:ニュートラルワークス公式Webサイト)

検索エンジンでの上位表示を狙うことで、集客を見込むSEO記事作成に強みを持つ代行サービス。大手ネット広告代理店出身のコンテンツディレクターが所属しており、見込み客を集められるキーワード選定や、CVにつながる導線の作り方などのノウハウが豊富。また、それぞれの分野に専門性を持ったライターが良質な記事を制作し、上位表示を狙う。
医薬品の製造・販売などにあたって定められたルール「薬機法」に則った記事の作成にも対応。そのほか、Webサイトの雰囲気に合ったサムネイルの作成・画像選定や、CMSへの入稿作業も任せられる。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

プラスワード(オルグロー株式会社)

プラスワード公式Webサイト

(出所:プラスワード公式Webサイト)

SEOの知見や、記事作成リソースが不足している企業向けに、戦略立案・執筆・校正・記事更新まで一気通貫で支援する代行サービス。導入の際は、同社のディレクターが依頼企業の要望を丁寧にヒアリング。ペルソナ(サイトを訪れるユーザー層)分析や競合分析などを踏まえつつ、依頼企業にとってベストな記事の方向性やキーワードを提案する。
編集・ライティング業務を長年経験しているライターが、SEOを考慮しつつ自然で読みやすい記事を執筆。最終校正段階では、ディレクターが記事のファクトやテーマのずれなどをすべて目視で確認し、安定した品質の記事を納品する。
CMS投稿の代行や画像添付、内部リンク対応まですべて丸投げできる「企画・投稿プラン」も。

  • 料金:21,000円/記事〜(企画・納品プランの場合)

詳細はこちら

バズ部式コピーライティング(株式会社ルーシー)

バズ部式コピーライティング公式Webサイト

(出所:バズ部式コピーライティング公式Webサイト)

自社ブログで月間100万PV達成という実績を持つ記事作成代行サービス。過去に制作した記事のうち、約4割が1位表示、約7割が検索結果の1ページ目を獲得しているなど、実績は折り紙付きだ。同社の社員がマンツーマンで、目標設定からキーワード選定、執筆後の修正などの一連の工程をサポートし、記事品質の担保に注力する。
また、同社の厳しい選考基準をパスした実力あるライターのみが所属。専門的な内容であっても誰にでも理解できるような丁寧な表現で、記事のクオリティアップに貢献する。最少10記事から依頼可能。大手IT企業など、400社以上の支援実績あり。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

AIアナリストSEO(株式会社WACUL)

AIアナリストSEO公式Webサイト

(出所:AIアナリストSEO公式Webサイト)

CVを意識したキーワード選定と、競合に負けない記事構成が強みの代行サービス。同社が独自開発したツールを駆使して検索上位を狙えるキーワードを絞り込み、構成案を作成。徹底した競合記事分析によって、上位表示に必要な内容をもれなく組み込んでくれる。
記事制作には専任のコンサルタントが付き、キーワード選定の段階から納品まで伴走。更に、オプションなしで制作した記事の効果検証まで実施する。効果が上がらない記事については、別途リライトにも対応。
導入検討時には、施策対象のWebサイトの分析や、盛り込むべきキーワードを無料で立案してくれる。そのほか、記事構成案のみの作成も受け付けている。

  • 料金:要問い合わせ

詳細はこちら

おすすめの記事作成代行サービス(記事の執筆代行に特化)

ZETTON(株式会社デザイン)

ZETTON公式Webサイト

(出所:ZETTON公式Webサイト)

契約ライターの管理から競合記事との類似チェック、校正まで、記事制作を一気通貫で支援する代行サービス。1文字0.7円からとリーズナブルな価格で発注できる。1記事から発注できる手軽さと、最短翌日に納品できるスピード感も魅力だ。1,000記事以上の大量発注に対応できるので、コンテンツの量を大幅に増やしたいケースにも適している。
記事の納品前には専用ツール使って、誤字脱字や類似記事のコピペ有無を確認。更に、社内スタッフが目視でレギュレーションや不自然な言い回しを確認する、ダブルチェック体制をとっているので安心だ。
対応できる記事のカテゴリが幅広く、店舗・商品紹介ブログからハウツー形式のコラムまで依頼可能。

  • 料金:0.7円/文字〜

詳細はこちら

記事作成代行ドットコム(アドバンサー株式会社)

記事作成代行ドットコム公式Webサイト

(出所:記事作成代行ドットコム公式Webサイト)

ランキング・比較系のSEO記事作成に強みを持つ代行サービス。ランキング系以外に、コラムやレビュー記事などにも対応。「教育」「美容」などそれぞれの得意分野を持ったライターと、社内のディレクターが二人三脚で記事制作にあたる。別途料金で、WordPressへの直接⼊稿にも対応している。
また、比較・ランキングサイトの制作代行サービスも提供。パッケージプランを選べばキーワード選びから記事作成はもちろん、サイトのデザインまで任せられるため、新規でWebサイトを立ち上げたい企業にもおすすめだ。制作した記事はLPの役割を果たすため、サイト経由での集客につなげやすい。

  • 料金:3円/文字(こだわりコースの場合)

詳細はこちら

まとめ

Webサイトやオウンドメディアでの定期的な記事発信は、自社の製品・サービスの更なる認知拡大をはかるための有効な手段です。しかし、運用していく中で「SEO対策がままならず、検索流入が見込めない」「記事の更新にリソースを割くのが難しい」といった、様々な課題が浮上してくるケースは少なくありません。

記事作成代行サービスであれば、これらの課題を解決に導くことが可能です。SEOを熟知したディレクターや、実績豊富なライターが制作にあたり、PVやCVの獲得につながる良質な記事を納品します。

記事作成代行サービスの中には、SEOを意識した記事に限らず、企業・店舗のインタビュー記事の制作に対応するタイプや、既存記事のリライトに応じてくれるタイプもあります。紹介した比較検討ポイントを参考にしながら、自社の目的やニーズに合ったサービスを選んでみてください。